新世紀エヴァンゲリオン【碇シンジ】

漫画版エヴァが18年という長期連載にて終劇
新世紀エヴァンゲリオン【碇シンジ】
本日6月6日は碇シンジくんの誕生日との事で、おめでとうございます。
しかし永遠の13歳、サードチルドレンのまま彼はエヴァと共に生き続けるのでしょう。

とりあえずコミック最終話を見てみました、何とかまとめたという感じでしょうか。
なんとなく最後の世界観は昔エヴァのスピンオフで、漫画やゲームで存在した
『鋼鉄のガールフレンド』シリーズを思い出しました。エヴァのパラレルで
それなりに平和な世界、彼らにはありえない「普通」の世界で生きるシンジやアスカ。

旧劇場版「まごころを君に」のラストはシンジとアスカ以外全員消えてしまうという
破滅的な終わり方だったので、このコミック版の終わり方はかなり救いがあると思います。
きっと新劇場版『シン・エヴァンゲリオン』はこういう綺麗な終末では有り得ないと
思いますが、だからこそ楽しみにしております。少年よ、神話になれ。
スポンサーサイト
テーマ: 漫画の感想 | ジャンル: アニメ・コミック
Grace【エリィ&ルビィ】1 | Home | ドラゴンクエスト3~そして伝説へ…【賢者】

コメント

漫画版なんてあったのですか~、エヴァはいろいろあって種類を把握しきれてないので知りませんでしたです
んー・・・でも友人宅の本棚にあったような記憶が・・・
調べてみたら、ふむふむ・・・18年で13巻のペースで14巻はまだ発売されてないのですね

どういう状態で永遠の13歳なのかはわかりませんが、人として普通に死ねないって辛いですよね~
周りの友人や家族がいなくなっていく中で自分だけが残る・・・孤独ですね~私には耐えられません
ふむ・・・コミックでしたら古本屋でも巡って読んでみようかしら?

2013/06/07 (Fri) 00:47 | relations #mQop/nM. | URL | 編集
初号機パイロット

漫画版のエヴァも終了いたしましたか。 自分は7巻ぐらいまでしか読んだことがないのですがアニメ版と見比べていると細かい描写が異なっていたりと発見がありました。

確かに旧劇場版の最後はシンジとアスカだけという凄い終わり方をしています。その結末を初めて聞いた時富野監督の「伝説巨神イデオン」と「聖戦士ダンバイン」を連想しました(イデオンは主人公達の機体イデオンが全力を発揮して全宇宙を消してしまいダンバインは妖精のチャム・ファウのみが生き残るという結末なので)。

2013/06/07 (Fri) 08:40 | 無所属廃人 #Qdr4Z5ec | URL | 編集

@relationsさん
このシンジくんもそうですが、エヴァの搭乗者は歳を取らない身体になってしまうらしいです。
エヴァのコミックは読みやすいのでオススメですねー。

@無所属廃人さん
エヴァはアニメとコミックとでは微妙に内容が違うんですよね、トウジがエヴァに
乗る際にシンジが知ってたり、カヲルがちょっと早く登場したりとか。
イデオンとダンバインってそういう結末なんですね、スパロボでしか知らなかったので…w

2013/06/08 (Sat) 00:25 | よこやま #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する